«Latest  ‹Forward   News item: 4662  Back›  Oldest» 

Japan Federation of Bar Associations sponsored the symposium of the electromagnetic radiation problem.(the host organization)
Japan Created: 2 Apr 2010
Japan Federation of Bar Associations sponsored the symposium of the electromagnetic radiation problem.(the host organization)
As for the symposium, it is scheduled to be done on April 10.
There is a report that appeals for the health hazard depending on the cellular phone base station etc. , too.

Japan Federation of Bar Associations
http://www.nichibenren.or.jp/en/

source (Japanese)
http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/100410_3.html

シンポジウム「身の回りの電磁波とその問題」
私たちは、送電線や携帯電話・家電・パソコンなどの電気機器により便利な生活をしています。

しかし、これらから発せられる電磁波に囲まれてもいます。欧米では電磁波過敏症や子どもなどへの影響を考えた規制や対策がとられている国がありますが、わが国では電磁波に関する情報が少なく、まして対応策についての議論もされていないのが現状です。

本シンポジウムでは、被害実態や国際的動向、国・自治体の取り組みなどをふまえて、将来取り返しのつかない被害が発生しないよう、今後わが国で電磁波の問題にどのように取り組むべきか、また、電磁波に関する情報公開やリスクコミュニケーションはいかにあるべきかについて考えます。

日時2010年4月10日(土)13:00~17:00(開場:12:30)

場所弁護士会館17階 1701会議室(会場地図)
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費等参加費無料・事前申込不要(直接会場へお越し下さい)

※電磁波に過敏な方の来場が予想されますので、フロアでの電波を発する機器の使用はご遠慮ください。携帯電話等の電磁波で動悸・頭痛・吐き気等の症状が現れ、体調を崩される場合があります。

※香料(香水、整髪料等)の使用、ドライクリーニング直後の衣類等の着用はお控えください。

プログラム総合司会:竹澤克己会員

電磁波による被害事例の報告(被害者)
基調報告
基調講演 坂部貢氏(東海大学医学部教授)
パネルディスカッション

コーディネーター
浅野明子会員・高峰真会員

パネリスト(予定)
・大久保千代次 氏(電磁界情報センター所長)
・加藤やすこ 氏 (VOC-電磁波対策研究会代表)
・新城哲治 氏(医師・被害者)
・坂部貢 氏(東海大学医学部教授)
・本堂毅 氏(東北大学大学院理学研究科助教)
主催日本弁護士連合会
問合せ先日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03-3580-9510/ FAX:03-3580-2896

当連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、当連合会の会員向けの書籍のほか、当連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください
From DN
Click here to view the source article.
Source: dn2009

«Latest  ‹Forward   News item: 4662  Back›  Oldest»